闇金業者の主なターゲッターとは?

闇金業者がターゲットとするのは主にブラックリストに載っている人たちです。

個人情報など今ではかんたんに入手されている時代で、おこづかい稼ぎに従業員がリストを流すケースも少なくありません。


もちろんリストに載っているのはお金に困っている人たちなので、ヤミ金業者としても美味しいカモになります。

最近では、電話営業や、FAXでコンタクトを取り、脈がありそうなカモを探し出します。

また、個人ではなく中小企業や個人経営者を狙うケースも増えており、小切手や手形を振り出させる場合も多いようです。

ブラックリスト以外では生活保護者なども対象にしている業者もあるため十分にご注意ください。

電話で借金の営業など正規の金融業者であれば、ありえませんので騙されないようにして下さい。

実際にお金を貸し出すケースも少なく、信用調査のために携帯の契約をさせたり、一旦、業者の口座に振りませ後日に倍にして返すといった詐欺も横行しています。

たとえ、まともにお金を借りれても借用書も取らず、後日に法外な利息を要求し、払えなければ、勤務先や家族に電話で取り立てを行うケースも報告されています。

甘い言葉に惑わされず、自己防衛を行って下さい。

もしも、引っかかってしまった場合は、こちらのサイトを参考にして下さい。

闇金 相談